フラット35の買取型と保証型の仕組みは?

フラット35「買取型」の仕組みは?@

フラット35「買取型」は、民間金融機関が
顧客に長期・固定金利の住宅ローンを融資し、
その債権を住宅金融支援機構に売却します。

 

その債権を住宅金融支援機構は、
信託会社に信託して資産担保証券を発行し
投資家に売却します。

フラット35「買取型」の仕組みは?A

この売却代金が、住宅ローンの買取代金になります。

 

また、投資家には期日通りの元利支払が行われます。

 

これにより、民間金融機関は、
金利変動リスクを負うことなく
資金調達を行うことができることになり、
長期・低利の住宅ローンの販売が可能になっています。

フラット35「保証型」の仕組みは?

フラット35「保証型」の場合は、
民間金融機関は住宅ローン債権を
住宅金融支援機構に売却せずに、
民間金融機関等が独自に証券化します。

 

住宅金融支援機構は、
あくまでもそのローン債権を証券化した
「MBS」の元利金の支払いを保証し、

 

返済が滞った場合には、
民間金融機関等に保険の支払いを行うのみです。

 

なので、この保証型の場合は、
民間金融機関の独自色が出しやすく、
限りなく民間住宅ローンに近い商品であるといえます。

フラット35の適合証明書とは?

フラット35の技術基準には、
所定のチェック項目が定められているのですよね。

 

その検査は、住宅金融支援機構と
適合証明業務の協定を結んでいる
指定確認検査機関や、
登録住宅性能評価機関によって行われます。

 

スポンサーリンク