新築住宅建設の融資手続きは?

フラット35の対象になる住宅は?

フラット35の対象になる住宅は、
耐久性等の住宅金融支援機構が定めた
技術基準に適合したものに限られます。

 

そのため、 住宅建設では、機構が指定した
民間の検査機関に工事検査の申請を行い、
その検査に合格したうえで「適合証明書」の交付を受け、
それを取り扱い金融機関に提出することになります。

新築住宅建設の融資手続きについて

一般的に、新築住宅建設の融資手続きは
次のような流れで行われます。

■借入れの申込み
     ↓
■審査結果のお知らせ
■設計検査の申請・合格
     ↓
■工事着工
     ↓
■中間現場検査の申請・合格
     ↓
■竣工
     ↓
■竣工現場検査の申請・合格
■適合証明申請・証明書の交付
     ↓
■融資の契約
■抵当権の設定登記

■所有権の登記
■資金の受取り
     ↓
■入居

 

スポンサーリンク