適合証明書とは?

適合証明書について

フラット35の対象になる住宅は、
住宅の耐久性や断熱など、
住宅金融支援機構の独自の基準による
物件検査を受ける必要があります。

 

さらに新築住宅の場合には、
建築基準法に基づく検査済証を受けていることを確認し、
住宅の質の確保を図っています。

フラット35の適合証明書とは?

フラット35の技術基準には
所定のチェック項目が定められているのですが、

 

その検査は、住宅金融支援機構と
適合証明業務の協定を結んでいる指定確認検査機関や
登録住宅性能評価機関で行われます。

 

この物件検査には検査手数料がかかりますが、
「設計検査の申請」「中間現場検査の申請」
「施工現場検査の申請」などの申請手続きは
事業者が行い、

 

それぞれに合格した後、
適合証明申請をすることで
適合証明書が交付されることになります。

 

この適合証明書を金融機関に提出すると
融資が実行されます。

フラット35Sの技術基準について

フラット35Sというのは、
優良住宅取得支援制度とも呼ばれているものです。

 

その内容は、フラット35の技術基準に、
さらに、フラット35Sの技術基準を満たした住宅を
取得する場合には、当初5年間の融資金利が
0.3%優遇されるというものです。

 

スポンサーリンク