新築住宅の技術基準は?

フラット35の新築住宅の技術基準で一戸建てと共同住宅の共通要件は?

フラット35の新築住宅の技術基準について、
一戸建てと共同住宅で
共通の要件は何かということですね。

 

これについては、次に掲げるように、
住宅の耐久性とか併用住宅の床面積など、
色々とあります。

フラット35の新築住宅の技術基準で一戸建てと共同住宅の共通要件

次のものが、フラット35の新築住宅の技術基準で、
一戸建てと共同住宅で共通の要件となっている項目です。

■戸建型式等
・耐火構造・準耐火構造以外の木造住宅は一戸建て、連続建てに限定されます。

 

■住宅の耐久性
・耐火構造、準耐火構造、耐久性基準に適合していること

 

■区画
・住宅相互間を1時間準耐火構造等の界壁で区分していること

 

■住宅の規格
・原則として2以上の居住室があって、炊事室、便所、浴室が設置されていること

 

■併用住宅の床面積
・住宅部分の床面積が全体の1/2以上であること

 

■接道
・原則として一般の道に2m以上の接道であること

 

■断熱構造
・住宅の天井、屋根、床下などに所定の厚さ以上の断熱材を施工していること。

 

スポンサーリンク

一戸建てと共同住宅で異なる要件は?

一戸建てと共同住宅で異なる要件は、
次のようなものです。

■住宅の規模
・一戸建て・・・70u以上
・共同住宅・・・30u以上

 

■配管設備の点検
・一戸建て・・・点検口等の設置
・共同住宅・・・共同配管を構造耐力上重要な壁の内部に設置しないこと

共同住宅のみの要件は?

共同住宅のみの要件としては、次のようなものがあります。

■管理規約
・所定の事項が定められていること

 

■長期修繕計画
・計画期間が20年以上であること

 

■床の遮音構造
・RC造の場合は、界床を厚さ15cm以上にすること

 

スポンサーリンク