中古住宅の技術基準は?

フラット35の中古住宅の技術基準で一戸建等とマンションの共通要件は?

フラット35の中古住宅の技術基準で、
一戸建等とマンションで共通の要件としては、
併用住宅の床面積や住宅の耐久性などがあります。

 

具体的なものとしては、以下に掲げたものになります。

フラット35の中古住宅の技術基準で一戸建等とマンションの共通要件は?

具体的には、次のものが、
フラット35の中古住宅の技術基準で、
一戸建等とマンションで共通の要件となっています。

■併用住宅の床面積
・住宅部分の床面積が全体の1/2以上であること

 

■住宅の耐久性
・耐火構造、準耐火構造、耐久性基準に適合していること

 

■接道
・原則として一般の道に2m以上の接道であること

 

■住宅の耐震性
・建築確認日が昭和56年5月31日以前の場合※は耐震評価基準などに適合していること
※建築確認日が確認できない場合は新築年月日が昭和58年3月31日以降の場合になります。

 

■住宅の規格
・原則として2以上の居住室があって、炊事室、便所、浴室が設置されていること

 

■戸建型式等
・耐火構造・準耐火構造以外の木造住宅は一戸建て、連続建てに限定されます。

 

■劣化状況
・基礎、外壁、屋内に面する壁などにひび割れ、欠損がないこと
・給排水設備に漏水がないこと

一戸建等とマンションで異なる要件は?

一戸建等とマンションで異なる要件としては、
次のものがあります。

■一戸建等・・・70u以上(共同住宅は30u以上)
■マンション・・・30u以上

 

スポンサーリンク

マンションのみの要件は?

マンションのみの要件としては、次のものがあります。

■長期修繕計画
・計画期間が20年以上であること。ただし、作成時期が平成6年以前の場合には15年です。

 

■管理規約
・所定の事項が定められていること