フラット35Sの技術基準は?

フラット35Sの技術基準について

フラット35Sというのは、
優良住宅取得支援制度とも呼ばれているものです。

 

その内容は、フラット35の技術基準に、
さらにフラット35Sの技術基準を満たした
住宅を取得する場合には、当初5年間の融資金利が
0.3%優遇されるというものです。

フラット35S(優良住宅取得支援制度)の技術基準は?

フラット35の技術基準に、
さらに次のいずれかの基準を満たしている住宅です。

■耐久性、可変性
・劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2か3の住宅

 

■バリアフリー性
・高齢者等配慮対策等級3〜4または5の住宅

 

■耐震性
・耐震等級(構造駆体の倒壊等防止)の2か3、免震性建物

 

■省エネルギー性
・省エネルギー対策4の住宅

 

スポンサーリンク

フラット35パッケージのメリットは?

フラット35パッケージは、フラット35の長期固定金利に
民間の低利な住宅ローンを組み合わせた商品なので、
金融機関は100%融資が実現することで
住宅ローンの拡大ができます。

 

また、利用者にとっては
将来の金利変動リスクが軽減できることで、
安定的な資金計画が立てられるとともに、
窓口を一本化できることで手続きもスムーズに行えます。

 

さらに、融資条件としても、フラット35を利用するので、
住宅ローンのそれぞれのメリットを生かせることができ
有利になります。

 

なお、万が一返済が困難になった時には、
金融機関と住宅金融支援機構が協議の上で、
返済条件の変更などの相談も受けられます。

 

※土地の融資を伴わない場合は土地評価額の85%です。

 

スポンサーリンク