フラット35と財形住宅融資

フラット35と財形住宅融資について

フラット35と財形住宅融資の組み合わせは、
それぞれのメリットを生かせる組み合わせといえます。

 

ちなみに、フラット35と併用する場合には、
同一金融機関の窓口に同時に申し込みをします。

フラット35と財形住宅融資のメリットは?

フラット35と財形住宅融資のメリットは、
次のようなものです。

■フラット35のメリット
金利は取扱金融機関ごとに異なりますが、
35年間の長期固定で金利水準も低いので、
長期に安定した返済ができます。

 

■財形住宅融資のメリット
5年固定という金利水準は、
民間の5年固定よりもかなり低いだけでなく、
6年目の金利見直しには、旧返済額の1.5倍以上に
ならないように歯止めがかけられています。

 

スポンサーリンク

フラット35と財形住宅融資の組み合わせたときのメリットは?

金利変動のリスクを
長期固定と低利な短期固定で補えるだけでなく、
両者を併用する場合には、

 

融資率は100%も可能なので、
早期の住宅取得ができます。

組み合わせる財形住宅融資とは?

財形住宅融資には次のようなものがあるのですが、
フラット35と併用できるのは、
住宅金融支援機構を通じての個人融資になります。

■住宅金融支援機構を通じての個人融資
■企業を通じての転貸融資
■企業が出資している財形住宅金融株式会社を通じての窓口

 

ちなみに、財形住宅融資を
住宅金融支援機構を通じて利用する場合には、
取扱金融機関が定められていますので注意してください。

 

スポンサーリンク