フラット35と財形住宅融資の異なる要件は?

フラット35と財形住宅融資の異なる要件@

フラット35と財形住宅融資を併用する場合には、
次の場合にそれぞれの要件が異なります。

<融資金額は?>
フラット35と財形住宅融資を併用すると融資率は100%まで可能ですが、それぞれの融資金額については次の通りです。

 

■フラット35
融資金額は1万円単位で8,000万円以下、融資率は90%以内です。

 

■財形住宅融資
融資金額は10万円単位で4,000万円以下、融資率は80%以内です。

フラット35と財形住宅融資の異なる要件A

<融資期間>
■フラット35
融資期間は15年以上35年以内です。ただし、60歳以上の人の場合は10年以上です。

 

■財形住宅融資
融資期間は10年以上35年以内です。

 

<融資金利>
■フラット35
融資金利は、金利は各金融機関ごとに異なりますが、全期間固定金利です。このとき融資時点の金利が適用されます。

 

■財形住宅融資
融資金利は、5年の固定金利で、申込時点の金利が適用されます。金利は全国統一保証料込みの場合は0.2%高になります。

 

<融資手数料>
■フラット35
金融機関によって異なります。

 

■財形住宅融資
不要です。

 

スポンサーリンク