フラット35と民間住宅ローンの併用は?

フラット35と民間住宅ローンの併用について

フラット35のメリットは、
長期固定金利で返済額が完済時まで確定できることや、

 

住宅金融支援機構の定める
住宅の耐久性などの技術基準に従って
住宅の質を保てることなどがあります。

フラット35と民間住宅ローンの併用の仕方は?

フラット35のメリットを活かしつつ、
民間の住宅ローンを活用するにはどうしたらよいのでしょうか?

 

フラット35は、上記のメリットに加えて融資条件も
全国共通で明示されていますので借りやすいです。

 

なので、まずはフラット35を軸に
低利の民間住宅ローンを併用することを考えたいです。

 

具体的には、例えば、フラット35と5年固定の財形で
3,000万円を必要とする資金計画に対しては、
変動金利を利用すれば、財形融資を利用しなくても
5年固定よりも低利な変動金利が可能になります。

 

ただし、この場合は、年2回の金利見直しのため
5年後の借入残高は不明となります。

 

また、6年目は、
その時点における金利を利用することにもなります。

 

ちなみに、その時点の金利も不明です。

 

フラット35であれば、
完済するまで金利の変更がないので安心ではありますが、
民間住宅ローンの金利優遇とも組合せができる場合があるので、
事前に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

民間住宅ローンの金利の優遇されたものを短期の借入れとし、
借入金の残高を少なくして将来の金利上昇に対処する
というのも考えてみてもよいかもしれません。

 

スポンサーリンク