親族居住用住宅融資とは?

親族居住用住宅融資について@

マイホーム以外の住宅を取得する場合には、
通常の住宅ローンは利用できません。

 

ですが、融資の申込人の両親や子供などが住む住宅を
建設したり購入する場合には、
フラット35の「親族居住用住宅融資」が利用できます。

親族居住用住宅融資についてA

この場合、対象になる住宅、利用できる人、融資機関、
融資額等の条件については、
フラット35のマイホーム取得の場合と同じです。

 

ただし、親族の範囲については、
親入居と子入居の一定の区分があります。

 

なお、取得の際には、次の条件に該当する人の収入を
合算してもよいことになっています。

■次の条件のいずれかに該当する人
・融資対象住宅に入居する人
・申込人の親・子・配偶者などで申込人と同居する人

 

■連帯債務者になることができる人

 

■申込時の年齢が70歳未満の人

 

これは、資金を出し合っている関係にあるので
土地・建物ともに共有することを認めているためです。

 

ただし、申込人は2分の1以上の共有持分と共有する持分に
第1順位の抵当権が設定されます。

 

ちなみに、財形住宅融資との併用、親子リレー返済、
住宅ローン控除は利用できません。

 

スポンサーリンク