マンションまるごとフラット35とは?

マンションまるごとフラット35について@

「マンションまるごとフラット35」というのは、
新築マンションの購入において、
適合証明書をあらかじめマンション業者に
一括して交付する仕組みのことです。

 

これですと、個々に借入れを申込んだ人が
適合証明書を取得する必要がありません。

 

なので、費用も格安ですみ、
手続きもスムーズに行なうことができます。

マンションまるごとフラット35についてA

この「マンションまるごとフラット35」は、
パンフレットに「フラット35登録マンション」と表示されています。

 

なので、購入の際には注意して見てください。

 

ちなみに、「フラット35登録すまい・るプラスマンション」
というのもあるんですよね。

 

こちらは、フラット35登録マンションのうち、
事業者が施工過程の情報を購入者に提供したり、
管理規約や長期修繕計画については
住宅金融支援機構の確認を受けるというものです。

適合証明書とは?

フラット35を利用するためには、対象になる住宅が
住宅金融支援機構の定める技術基準に
適合している必要があります。

 

適合証明書というのは、この取得する住宅について
住宅金融支援機構と協定を締結している
指定検査機関などによる物件調査を受けて、
適合している場合に交付されるもののことです。

 

なお、この検査には調査時間や調査手数料がかかります。

中古マンションと適合証明書について

中古マンションの場合、新築マンションとは違って、
立地条件や築年数なども様々です。

 

なので、住宅金融支援機構の定める技術基準に
適合しているかどうかを物件調査することは、
その中古マンションの質を第三者の目で検査してもらえる
という点で、購入時の判断に役立つはずです。

 

しかしながら、この物件調査には
時間や費用がかかるというデメリットもあります。

 

スポンサーリンク