中古マンションらくらくフラット35とは?

中古マンションと適合証明書について

中古マンションの場合、新築マンションとは違って、
立地条件や築年数なども様々です。

 

ですから、住宅金融支援機構の定める技術基準に
適合しているかどうかを物件調査することは、
その中古マンションの質を第三者の目で検査してもらえる
という点で、購入時の判断に役立つはずです。

 

しかしながら、この物件調査には
時間や費用がかかるというデメリットもあります。

中古マンションらくらくフラット35とは?

そこで、この適合証明書の手続きを
簡素化した仕組みとして
「中古マンションらくらくフラット35」
というものがあります。

 

これは、そのマンションが新築時に
住宅金融支援機構が定めた技術基準を
満たしていることが
あらかじめ認識されたマンション※1のことです。

 

より具体的には 、竣工時現場審査合格日から
借入申込年度の年度末からさかのぼって
10年以内※2であれば
適合証明書の手続きが省略できます。

 

※1…旧住宅金融公庫の優良分譲住宅、都市居住再生融資など新築時に公庫融資と表示されたものと、住宅供給公社の分譲住宅などです。

 

※2…平成19年度の場合は平成10年4月1日以降のものです。

適合証明書とは?

「適合証明書」というのは、建設・購入する住宅について、
住宅金融支援機構が定める基準に適合していることを
証明するものです。

 

フラット35を利用するためには、
この「適合証明書」を融資の契約や資金の受け取り前に
提出しなければなりません。

 

スポンサーリンク