物件調査と適合証明書

適合証明書とは?

「適合証明書」というのは、建設・購入する住宅について、
住宅金融支援機構が定める基準に適合していることを
証明するものです。

 

フラット35を利用するためには、
この「適合証明書」を融資の契約や資金の受け取り前に
提出しなければなりません。

住宅金融支援機構の技術基準とは?

主な技術基準は、
断熱措置の省エネルギー性と住宅の耐久性です。

 

また、中古の場合はこれに、
住宅の耐震性と住宅のいたみ具合が加わります。

 

さらに、マンションなどでは、管理規約、
長期修繕計画等の維持管理水準も加わります。

 

これらの検査については、
住宅金融支援機構が協定を締結している
日本建築士連合会と日本建築士事務所協会連合会
に登録した建築士によって行われます。

物件調査の流れは?

次のようになっています。

■一戸建ての場合
・設計図等によって設計検査を行います。
     ↓
・現場において目視できる範囲で中間現場検査を行います。
     ↓
・現場で目視できる範囲で竣工現場検査を行います。

 

■マンションの場合
・設計図等により設計検査を行います。維持管理基準に適合していることを確認します。
     ↓
・現場で目視できる範囲で竣工現場検査を行います。

 

■中古住宅の場合
・調査書類と現地で物件調査を行います。

 

スポンサーリンク