フラット35の親子リレー返済とは?

フラット35の親子リレー返済について

親子ローンというのは、その名称の通り、
親子が連帯債務者になって
長期に借りられる住宅ローンです。

 

民間金融機関では、
「親子リレーローン」とか「親子二世代ローン」(親子ペアローン)
などがありますが、フラット35の場合も
「親子リレー返済」として一定の条件の下に認められています。

一般の融資条件の場合は?

■一般の融資条件だと借入期間は、
年齢による最長返済期間(完済時満80歳未満)と
35年の最長期間のどちらか短い年数となるので、

 

高齢になればなるほど返済期間が短くなり、
融資額も少なくなってしまいます。

 

具体的には、60歳の人が申込む場合は、
返済期間は最長19年※になってしまいます。

 

※1年未満は切捨てです。

 

■団体信用生命保険に関しては、親子が2分の1ずつ加入する
といった方法をとっているところもあります。

 

スポンサーリンク

フラット35の親子リレー返済の場合は?

■フラット35の親子リレー返済の場合は、
申込本人の年齢が70歳以上※でも借りられます。

 

また、年齢による最長返済期間は、申込本人の年齢にかかわらず、
後継者(子供)の借入申込時の年齢を基に計算し、
返済期間を選択できることになっています。

 

※リフォームの場合は79歳以上です。

 

■親子リレー返済の収入基準は、
35年返済で借りたものとして算定されます。

 

■団体信用生命保険については、それぞれが連帯債務者になり、
どちらかの加入が条件になっています。

 

債務者は2人でも団体信用生命保険に加入できるのは1人です。

 

なので、もし仮に加入していない方の人が死亡した場合には
債務は弁済されないことになります。

 

ちなみに、保証は80歳までです。

 

スポンサーリンク