三大疾病付団体信用生命保険とは?

三大疾病付団体信用生命保険について

団体信用生命保険というのは、
死亡や一定の高度障害状態になった場合に、
それ以降の住宅ローンの返済が不要になるものです。

 

最近は、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になり、
所定の状態になった場合にも、保険の対象になることもあります。

 

団信は中途加入や再加入が認められていませんので、
加入に関してはよく検討することが大切です。

フラット35の団体信用生命保険は?

フラット35の場合は、
団体信用生命保険への加入は任意になっていますが、
加入できる人は満15歳以上満70歳未満の人で、
保証は最高満80歳までとなっています。

 

また、三対疾病付にするためには、
通常の団体信用生命保険に追加されますが、
次のように通常の条件とは異なります。

■加入は満15歳以上満51歳未満の人が対象です。

 

■三大疾病の保証は最長満75歳までです。ただし、死亡や高度障害の保証については満80歳までです。

 

なお、三対疾病付きにすると、
保険料は、通常の団信のおよそ2倍が必要になりますので、
よく検討してから加入するようにしたいです。

民間金融機関の団体信用生命保険は?

民間金融機関の住宅ローン融資を受ける場合には、
保険料は不要で団信への加入が必須になっています。

 

しかしながら、三大疾病付にする場合には、
保険料として採用する金利に0.3%が上乗せされたり 、
借入時に申込まないと途中加入できないなどの
条件があったりしますので、注意が必要です。

 

スポンサーリンク