借り換え時の諸費用は?

借り換え時の諸費用はどのくらいかかるのですか?@

借り換えとはいえ、
実質的に新たなローンを組むわけですから、
借り換え時には次のような諸費用がかかります。

■ローン保証料
■登記費用
■抵当権設定費用

借り換え時の諸費用はどのくらいかかるのですか?A

これらは、借入金額や返済期間によっても異なりますが、
おおよそ20〜40万円程度になります。

 

ローン保証料の金額については、
借入金の額が大きいほど、
また返済期間が長いほど高くなります。

 

諸費用の中では特に、
このローン保証料の負担が大きくなります。

 

よって、借り換えについては、
これら諸費用の金額を含めてもメリットがあるかどうかを
考慮して検討するようにしたいところです。

 

スポンサーリンク

以前に組んでいたローンの保証金というのは戻ってくるのですか?

借り換えでは、以前のローンで支払った
保証金の一部については戻ってきます。

 

とはいえ、元金の残高に応じて決まるので、
あまり大きな額は期待できないでしょう。

担保割れの物件の借り換えはできるの?

かつては、金融機関では
担保割れ物件にあまり借り換えを認めていませんでした。

 

しかしながら、最近は、収入基準を満たしていて、
返済能力にも問題がなければ、
たとえ物件が担保割れしていても
借り換え融資を行うところが増えてきました。

 

実際、担保評価額の2〜3倍といった借り換えが
可能な場合もあります。

 

なので、金融機関の窓口で
相談してみるとよいと思います。

 

スポンサーリンク