担保割れの借り換えは?

担保割れ物件とはどのような不動産をいうのですか?

担保割れ物件というのは、現在の借入金残高が
担保評価額よりも多くなっている状態の不動産のことです。

 

バブルのときに購入した物件などは、
そのほとんどは担保価値が大きく下がっていると思われます。

 

なので、借り換え時の査定も当然低くなるはずです。

担保割れの物件の借り換えはできるのでしょうか?

以前は、金融機関では担保割れ物件に
あまり借り換えを認めていませんでした。

 

ですが、現在は、収入基準を満たしていて、
返済能力にも問題がなければ、
たとえ物件が担保割れしていても
借り換え融資を行うところが増えてきました。

 

実際、担保評価額の2〜3倍といった借り換えが
可能な場合もあります。

 

なので、金融機関の窓口で
相談してみるとよいと思われます。

返済方法を工夫した借り換え方法というのはありますか?

次のように、
借り換え時の返済方法を工夫することによって、
目的にあわせたメリットが得られることもあります。

■毎月返済額を少し多くすることで、
返済期間をさらに短縮することが可能になります。

 

■毎月返済額を同じ程度にすることで、
返済期間を短縮することが可能になります。

 

■返済期間を同じ程度にすることで、
毎月返済額を軽減することが可能になります。

 

スポンサーリンク