資産流動化法とは?

資産流動化法とは?

資産流動化法というのは、
資産流動化に関する法律を略したものですが、
これは平成10年9月に施行された法律です。

 

ちなみに、通称として
「SPC法」と呼ばれることも多いです。

資産流動化法の目的は?

資産流動化法の目的は、
特定目的会社や特定目的信託を用いて資産を保有し、

 

その資産を担保に有価証券や社債を発行したり、
信託の受益権の譲渡等を行うことによって、
資産の流動化を図ることにあります。

資産流動化法の対象は?

平成13年の改正施行で、
資産流動化法の対象とされる資産の範囲は、
次のようなものから、
それらを含む財産権一般にまで拡大されています。

■不動産
■指名金銭債権
・銀行の貸付債権、リース債権、企業の売掛債権
■信託受益権

資産流動化計画とは?

資産流動化計画というのは、
特定目的会社による資産の流動化に関する
基本的な事項を定めた計画のことをいいます。

資産流動化計画の記載事項は?

資産流動化計画には、
次のような事項を記載しなければなりません。

■資産の流動化に関する計画期間
■資産対応証券の総口数の最高限度
■特定資産の内容、取得の時期、譲渡人
■特定資産の管理と処分の方法...など

 

スポンサーリンク