事情変更の原則とは?/事前協議とは?

事情変更の原則とは?@

事情変更の原則というのは、
契約締結当時の社会的事情等が後に著しく変動し、
契約を強制することが信義公平に反するに至った場合に、

 

不利益を受ける当事者に、
契約の解除や変更の請求を認める法原則のことです。

事情変更の原則とは?A

ちなみに、借地借家法上、
賃料増減請求権等が認められたのは、
この原則の現れといわれています。

事情変更の原則の一般の契約への適用は?

いったん結ばれた契約が、後に変動するというのは、
契約の拘束力の観点から望ましいものではありません。

 

なので、一般の契約において
事情変更の原則を認めることは
慎重でなければなりません。

 

実際、判例も次のように示しています。

■売主の履行遅滞中に、売買の目的物の価格が著しく騰貴しても、売主は事情変更を理由として契約を解除できない(最判昭26.2.26)。

 

■売買契約成立後、貨幣価値が著しく変動しても、それだけで代金額が当然増額されるものではない(最判昭31.4.6)。

 

スポンサーリンク

事前協議とは?

事前協議というのは、
一般的には、開発許可の申請前に、
あらかじめ開発行為に関係する
公共施設管理者への同意を得、

 

また開発地区外周アクセスへの取付道路や、
排水路整備等の付帯工事によって設置する
公共施設の予定管理者と協議することをいいます。

事前協議の内容は?

事前協議は、次のようにする必要があります。

■開発面積が20ヘクタール以上
・義務教育施設の設置義務者と水道事業者と協議する必要があります。

 

■開発面積が40ヘクタール以上
・一般電気事業者、一般ガス事業者、鉄道事業者、軌道経営者とも協議する必要があります。

 

スポンサーリンク