生産緑地法とは?

生産緑地法とは?

生産緑地法というのは、
昭和49年に制定された法律です。

 

この生産緑地法の目的は、
生産緑地地区に関する土地計画に関して
必要な事項を定め、農林漁業との調整を図りつつ、
良好な都市環境の形成に資することにあります。

生産緑地法の内容は?

生産緑地法には、次のようなことが定められています。

■都市計画に、市街化区域内の農地等で、公害や災害の防止等の効用があり、かつ、公共施設等の敷地の用に供する土地として適している500u以上の規模の区域等を「生産緑地地区」として定めることができます。

 

■生産緑地地区内で建築物の新築・改築・増築、宅地の造成等を行う場合には、原則として、市町村長の許可を受けなければなりません。

 

なお、生産緑地地区の区域の指定は、
都道府県や市町村で確認できます。

 

また、生産緑地地区が都市計画で定められたときには、
地区内に標識が設置されます。

賃料とは?

賃料というのは、一般には、u当たり月額や
坪当たり月額の名目賃貸料のことをいいます。

 

しかしながら、
テナントが実際に負担する賃貸料というのは、
これに保証金や敷金などの預り運用益分を加えたものを
実質賃料と呼んで区別しています。

期待賃料とは?

オーナーにとっての期待賃料というのは、
建設費用と管理運営費、期待利益を月割りとして
有効賃貸面積に割り付けることによって構成されます。

 

また、テナント側からの賃料は、
そのビルに入居することによって生ずる
収益額の一部を支払う考え方になります。

 

スポンサーリンク