直接還元法とは?

直接還元法とは?

直接還元法というのは、収益価格を求める
収益還元法による1つの手法のことです。

 

ちなみに、不動産鑑定評価基準において定められた
収益還元法には、
この直接還元法とDCF法があります。

直接還元法の計算方法は?

直接還元法は、一期間の純収益を
還元利回りによって還元する方法で、
次の式によって表されます。

不動産の収益価格=一期間の純収益/還元利回り

直接還元法とDCF法の選択は?

収益還元法において、直接還元法とDCF法の
どちらの方法を適用するかというのは、
次のようなものに即して選択することとされています。

■収集可能な資料の範囲
■対象不動産の類型
■依頼目的

 

ただし、不動産の証券化に係る鑑定評価等で、
毎期の純収益の見通し等について
詳細な説明が求められる場合には、
DCF法の適用を原則とし、

 

あわせて直接還元法を適用して
検証を行うことが適切であるとされています。

 

特に、資産流動化法や投信法に基づく評価目的の下で、
投資家に示すための
投資採算価値を表す価格を求める際には、
DCF法を適用しなければならないとされています。

 

スポンサーリンク