不動産流通近代化センターとは?

不動産流通近代化センターとは?

不動産流通近代化センターというのは、
昭和55年に設立された財団法人のことです。

 

この不動産流通近代化センターは、
国庫助成金と不動産業界各団体や
一部金融機関の出捐金の合計30億円を
基金として設立されています。

不動産流通近代化センターの業務内容は?

不動産流通近代化センターでは、
次のようなことを行っています。

■不動産流通の近代化の指導
■出捐に参加した業界団体やその構成員が行う協業化(会館設立等)と近代化(店舗改装等)に要する資金の融資の保証
■上記の一部の利子補給...など

不動産流通近代化センターの近代化指導事業は?

不動産流通近代化センターは、
昭和55年に設立された財団法人です。

 

この不動産流通近代化センターの
近代化指導事業としては、次のようなことを行っています。

■価格査定マニュアルの作成と改善・普及
■不動産流通標準情報システム設計・開発と改善・保守
■指定流通機構の登録物件の調査分析...など
■宅建業に従事する者の教育研修事業

 

スポンサーリンク

不動産流通近代化センターの教育研修事業とは?

不動産流通近代化センターの
近代化指導事業の1つとして、
次のような宅建業に従事する者の
教育研修事業が行われています。

■実務講習
・宅地建物取引主任者資格登録の要件である2年以上の実務経験に代わる実務講習です。

 

■指定講習
・宅建業法16条3項の規定に基づく指定講習です。

 

■初任従業者教育研修制度に基づく研修主催企業の認定と研修
■宅地建物取引主任者が受講を義務づけられている法定講習のテキストの編集・刊行...など

 

スポンサーリンク